214A8479

「壁と天井はビニールクロスで仕上げます。カタログをお渡ししますのでその中で決めてください」

「この中からですか??凄い量ですね??」

「はい。色々な柄が有りますが、お客様のお好みになります。家にお持ち帰りになり、来週週末までにお決めください」

「分かりました」

多くの住宅会社での会話になります。分厚いカタログを持ち帰り、ビニールクロスの柄を決めるのは至難の業です。一般の人では到底無理。

プロでもあたふたするでしょう。

では、なぜ壁や天井の内装材はビニールクロスでないとだめなのか??

理由は簡単で、クレームが少ないからです。最後に貼るのでキズになりにくい事と、あとから貼替ができる事も大きいです。

そして一番大きな理由が「安さ」でしょう。キッチンやお風呂や外壁や屋根材に大きな予算を割いた分、内装材はあまり予算が無い状態になるのが普通です。

そうなると安価なビニールクロスしか選択できなくなる。ビニールクロスがあまり良い素材ではないと知りつつ使う事になる。

塩化ビニールでできていて、それを柔らかくする可塑剤が大量に入っている事ぐらい、プロだったら知っています。それがどう言った事かは分かる。

でもビニールクロスを使う。

仕方がない事かもしれません。建てる側が家をどう考えるかで、この問題は大きく変わります。ビニールクロスは使いませんって会社もたくさんある。

そういう会社はビニールクロスが何なのかを知っている。で、使わない方向にもって行っています。でも、それは少数派です。

ビニールクロスは昔から使われている材料なので、それ以外を使うって事は、

「今までこれで問題は起きていないから、大丈夫だ!!」

みたいな事になるのが大半です。昔からやって来たことが正しいと感じているのでしょうが、なぜそうなのか??までは考えている人は少ない。

この業界の怖いところです(汗)

今までの経験をもとに生きる事が楽かもしれませんが、今の仕事はなぜそうなっているのか??そこをしっかり考える事で、物の本質を見極める事ができます。

でも、多くの人はそこまで考えません。

そうなると、内装材はビニールクロスって建築の常識が刷り込まれていくわけです。意外と厄介なんですよね。建築の常識ってやつは(汗)

外構が家を決めるって事!!

いい家の庭 若い庭師のブログ

↑楽しい外構工事の事が書いてあります。

May the abies be with you.
(もみと共にあらんことを)

ビカビへの質問メールは、こちらから!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新しいブログを立ち上げました。こちらもご覧下さい。

ビカビの撮ったど~っ!!⇒感じるままにシャッターを切る。そんな写真です。たまにはいい写真が有ります。たぶん(汗)

もみの木の家ブログ⇒「木」についての事を綴ります。木って知ってるようで知らない事ばかり・・・・・

ビカビの家を建てました!!⇒平成20年に建てた私の家のできるまでの色々なお話です。

今日の家の中は??2⇒「今日の家の中は??」の続きです。(2010.1.13からスタートしています。)

現場ブログ⇒現場の様子を伝えるブログです。

新建設⇒会社のホームページです。

新建設 携帯版ホームページ⇒?新建設の携帯版ホームページです。携帯から、いろんな情報をお届けします。

自己満足ですが・・・・・   ⇒懐かしい動画集です。まあ、遊びのブログです。よろしかったらお付き合いください!!

もみの木の家を建てる現場管理及び設計スタッフを募集しております。
メールかお電話でお問い合わせ下さい。

インスタグラムやってます!!

フェイスブックやってます!!