214A8461

家は基本の数字が有ります。

グリッドという基本寸法とかです。JAS規格になると910ミリが基本寸法になります。ですから、家の基本寸法もこれです。ほとんどがこれの倍数か約数になっています。

それから外れると材料の歩留まりが悪くなり、価格が上がる事になる。

ドアやサッシの高さ寸法の基準は2,000ミリです。これは日本人の身長が伸びたからか、アメリカの規格に合わせているのか??

昔は1,800ミリが基準の高さでした。元々は尺貫法が基準になっています。

外部のアルミサッシの高さは2Mが基準になっていますから、2Mのラインでそろえるのが普通です。それで内部のドアの高さも2Mに合わせるのが常識になっています。

ところが、建築屋のせいか、何でもかんでも2Mに合わせてしまいます。飾り棚も2Mとかニッチも2Mとかです。揃えればスッキリとは見えますが、ものの用途で高さは変えるべきでしょう。

天井の高さも2.45Mとかが普通の高さです。天井を高くとなると2.6Mとかになります。天井の高さなどもしっかりと考えて変える方が家のメリハリが出る。

同じ高さで作ると面倒ではなくなり、仕事は早いでしょう。でも、雰囲気が無くなります。

ダイニングテーブルの高さはどれぐらいあると思いますか??

意外に解らないかもしれません。ほとんどが70センチ前後です。その高さに合わせて椅子は作られています。ですからカウンターなども70センチで作ります。

「これでは低いので90センチでお願いします」

なんて言われても、

「それ用の椅子を用意してくださいね!!」

と注意します。だって、そんな椅子はまずありません。業務用ぐらいでしょう。家具屋では見つからない(汗)

キッチンの高さは85センチが普通です。これは、

身長÷2+5センチ

と言う式から来ています。160センチの人に合うって事です。150センチの人は80センチのキッチンにする方が良いし、170センチの人は90センチにした方が良い。

自宅は85センチで妻の身長に合わせていますが、自分は180センチを超えているのでとても使いにくいキッチンになっています(笑)

他にも色々あります。基本的な寸法を頭に入れて家を作って行かないとまずい事になるって事です。設計の基礎は寸法を押さえる事です。

現場でも寸法を追いかけるのが建築屋の仕事。そこには色々な事を考えて導き出す数字を指示できる力量が必要になるって事です。

「図面通りにやりました!!」

では、ダメです。美味しい料理は考えて作るから美味しい。

「レシピ通りにやりました!!」

では、不味いでしょう。予算の消化ではないですからね(汗)

完成体感会を開催致します!

詳しくはコチラ⇒完成体感会のお知らせ

外構が家を決めるって事!!

いい家の庭 若い庭師のブログ

↑楽しい外構工事の事が書いてあります。

May the abies be with you.
(もみと共にあらんことを)

ビカビへの質問メールは、こちらから!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新しいブログを立ち上げました。こちらもご覧下さい。

ビカビの撮ったど~っ!!⇒感じるままにシャッターを切る。そんな写真です。たまにはいい写真が有ります。たぶん(汗)

もみの木の家ブログ⇒「木」についての事を綴ります。木って知ってるようで知らない事ばかり・・・・・

ビカビの家を建てました!!⇒平成20年に建てた私の家のできるまでの色々なお話です。

今日の家の中は??2⇒「今日の家の中は??」の続きです。(2010.1.13からスタートしています。)

現場ブログ⇒現場の様子を伝えるブログです。

新建設⇒会社のホームページです。

新建設 携帯版ホームページ⇒?新建設の携帯版ホームページです。携帯から、いろんな情報をお届けします。

自己満足ですが・・・・・   ⇒懐かしい動画集です。まあ、遊びのブログです。よろしかったらお付き合いください!!

もみの木の家を建てる現場管理及び設計スタッフを募集しております。
メールかお電話でお問い合わせ下さい。

インスタグラムやってます!!

フェイスブックやってます!!