214A8869

偽物なのか本物なのか??

最近の新建材は本物と変わらないような物まであり、プロでも見分けがつきません。一般の人は全く判断できない物がほとんどではないかと思います。

まずは床材です。

木目が綺麗な床材。一見、木の床だろうと考えます。ところが、これがシート貼りって事がほとんどです。シートに印刷してある。木目が本物と変わりません。

色々な種類が有り、また幅広にしてあるので高級感も有ります。本物の木であれば、幅広は高いです。コストを抑えるために幅を小さくする。

シートなのでそこは考えなくていい訳です。

ベニヤに突板と言って薄い化粧板を貼る商品より、高級感があり価格も安いからこっちが売れるって事でしょう。見た目は印刷であるために薄っぺらい印象を受けます。

このシートの技術ですが、ドアや枠材などからの方が先に有りました。最後が床でした。強度的な問題が有ったんだろうと思います。表面の保護膜が強くなっている。

おかげで中で歩く人やペットには優しくない商品ではあります。

ドアなどは誰もが「木」であると信じているでしょうが、あれこそシート貼りです。床のシートと同じものを使うのでカラーコーディネートが完璧です。

他の枠類も同じシートで仕上げた建材を使います。家の中に統一感が出る。これぞメーカーの狙いです。床が決まれば全ての物が同じメーカーに流れる。

よって床の価格は安くしてある??

元がベニヤで、しかもシート貼りでの大量生産なので価格は安くて当然でしょう。

さて、木みたいな物でできた空間は、独特の匂いが有ります。化学臭です。気になる人は少ないのかもしれませんが、体の中に取り込まれている事は事実です。

カラーコーディネートを優先させるから起こる事ですが、色よりも商品の中身が大事と考えています。床は無垢材が良い。

住まう人に優しいのは無垢材でしょう。では、その無垢材の中でも何が良いのか??そこを調べていくと選択肢はそんなに多くない事に気が付きます。

床をなぜ貼るのか??床に何を求めるのか??

そこをしっかりと抑えると家の出来上がりは大きく変わります。偽物で固めた家は偽物でしかない。家に何を求めるのか??

恰好ばかりだけではどうにもならない世界ですが、恰好ばかりでイメージだけが先行している世界でもあります。意外とプロが物を知りません。

床材が何でできているのかを説明してもらうと良いかもしれませんね!!

外構が家を決めるって事!!

いい家の庭 若い庭師のブログ

↑楽しい外構工事の事が書いてあります。

May the abies be with you.
(もみと共にあらんことを)

ビカビへの質問メールは、こちらから!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新しいブログを立ち上げました。こちらもご覧下さい。

ビカビの撮ったど~っ!!⇒感じるままにシャッターを切る。そんな写真です。たまにはいい写真が有ります。たぶん(汗)

もみの木の家ブログ⇒「木」についての事を綴ります。木って知ってるようで知らない事ばかり・・・・・

ビカビの家を建てました!!⇒平成20年に建てた私の家のできるまでの色々なお話です。

今日の家の中は??2⇒「今日の家の中は??」の続きです。(2010.1.13からスタートしています。)

現場ブログ⇒現場の様子を伝えるブログです。

新建設⇒会社のホームページです。

新建設 携帯版ホームページ⇒?新建設の携帯版ホームページです。携帯から、いろんな情報をお届けします。

自己満足ですが・・・・・   ⇒懐かしい動画集です。まあ、遊びのブログです。よろしかったらお付き合いください!!

もみの木の家を建てる現場管理及び設計スタッフを募集しております。
メールかお電話でお問い合わせ下さい。

インスタグラムやってます!!

フェイスブックやってます!!