もみの空間

 

「高級木材使用」

さて、これってどういった意味なのか??

チラシに書いてありました。高級木材の定義が分かりません。高い木材って事なのか??高強度な木材って事なのか??それとも珍しい木材なのか??

さて、どれでしょう???

全く分かりません。

日本の木材は容積で値段が決まります。高級な木材は有名な地域の木とかになります。鹿児島であれば霧島杉とかです。でも、そういう木はほとんど市場には出てきません。

このチラシもイメージでしょう。高級木材って何??って聞いても明確な答えは出て来ないでしょう。イメージは怖いです。

住宅業界が全ての事にイメージをしたがるから変な事になる。一番変なのが「健康住宅」でしょう。なんで健康なのかが分かりません。

たぶん、言っている本人も分かっていないと思います。突き詰めたら面白い事になるでしょう(笑)

日本の木材はほとんどが植林されたもので、天然木はほとんど存在しません。なのに、

「天然木のやさしさを感じる家」

みたいに書いてある。これはうそです。植林された木は、育ちの良い場所を選んで、そこの雑木を切り倒して植えられています。

言ってみればライバルのいないひよっこです。ですからでっぷりと肥えてゆるい木がほとんどです。そんな木は年輪も大きくて若いのにでかいって事がほとんどです。

そうなると強度が無い。それを人工乾燥機に入れるからさらに強度は無くなります。それを知っていて使う人はまだいいかもしれません。怖いのは知らないで使う人でしょう。

まあ、知っている人の方が少ないです。木造住宅を建てる会社ってそんなもんです。経営は利益追求ですからね(汗)

さて、木材強を検査して、その強度を基準に構造計算したらどうなるのか??最近使う集成材は無垢材の1.5倍の強度がありますが、価格も1.5倍です。

構造計算をするとその理屈で構造体を組める。無垢材で30センチだった梁は、集成材にする事で21センチに変更できます。小さくなるので価格は同じですね。

自分はこのようにして構造を考えています。高級木材とかではなく、その木に強度がどれほどあるのかが基準です。これはイノスのデジタルフレーム工法の考え方です。

凄く合理的ですね!!

外構が家を決めるって事!!

いい家の庭 若い庭師のブログ

↑楽しい外構工事の事が書いてあります。

May the abies be with you.
(もみと共にあらんことを)

ビカビへの質問メールは、こちらから!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新しいブログを立ち上げました。こちらもご覧下さい。

ビカビの撮ったど~っ!!⇒感じるままにシャッターを切る。そんな写真です。たまにはいい写真が有ります。たぶん(汗)

もみの木の家ブログ⇒「木」についての事を綴ります。木って知ってるようで知らない事ばかり・・・・・

ビカビの家を建てました!!⇒平成20年に建てた私の家のできるまでの色々なお話です。

今日の家の中は??2⇒「今日の家の中は??」の続きです。(2010.1.13からスタートしています。)

現場ブログ⇒現場の様子を伝えるブログです。

新建設⇒会社のホームページです。

新建設 携帯版ホームページ⇒?新建設の携帯版ホームページです。携帯から、いろんな情報をお届けします。

自己満足ですが・・・・・   ⇒懐かしい動画集です。まあ、遊びのブログです。よろしかったらお付き合いください!!

もみの木の家を建てる現場管理及び設計スタッフを募集しております。
メールかお電話でお問い合わせ下さい。