214A9360

「うちの家は地震には強いですよ」「どれくらいですか??」

「どれくらいって、なに??」

「だからどれくらいの地震が来ても大丈夫なの??それが無いと言っているだけでしょう」

「普通の地震では壊れる事は無いですよ」

「普通って??」

「・・・・・・」

よくある「地震に強い家」とはどれくらいの強さなのか??それは数字で表すしかないです。「鉄骨だから地震には強い」とか、「柱が太いから地震に強い」とか書いてあります。

でも、そんな事は無い。

地震の時って横からの力や、柱を引き抜く力も加わるので柱の大きさだけでは判断できません。引き抜く力に対しては、柱の太さは関係ないからです。

「柱が普通の家より太いです。だから安全です」

こんな事を言う営業マンが居たら要注意です。太さはあまり関係ありません。どちらかと言うと接合部分の強さが問題になってきます。

ところが多くの会社はその点はあまり重要視しません。かなり危険な事なんですけどね(汗)

地震に対しての強度は家の形なども大きく影響してきます。柱や梁の太さだけでは決まりません。総合的なバランスで考える事が重要です。

そのプランを構造計算してみると一目瞭然で分かります。バランスが悪いと補強が入っていたりします。しかも金物だらけ。

金物もお金です。ホールダウン金物など1セットが2万円以上する事もあります。構造計算もせずに、金物を適当に配置して、

「これだけ入れておけば地震の時には安心ですね!!」

なんて事は無いです。荷重のかからない柱を補強しても意味が無い訳で、無駄なお金を使わされているって事です。10セット取り付けると20万円です。それがちゃんと働いてくれればいいですけど、構造計算がしてないと意味が無い事になる。

ホールダウン金物は気にして設計するとどこにも入らなくすることも可能な金物です。地震に強い家ってそんな家を言うのだと考えています。

鉄だから強い。太いから強いはイメージの世界です。

世の中イメージ先行の会社は、なんでもイメージできます。しっかりと力の流れを考えて設計すると鉄もいらないし太さもいりません。

耐震等級3を前提に進めるので耐震性を無くするような要望は説明して行きます。うちは耐震等級は3で設計していますから!!

外構が家を決めるって事!!

いい家の庭 若い庭師のブログ

↑楽しい外構工事の事が書いてあります。

May the abies be with you.
(もみと共にあらんことを)

ビカビへの質問メールは、こちらから!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新しいブログを立ち上げました。こちらもご覧下さい。

ビカビの撮ったど~っ!!⇒感じるままにシャッターを切る。そんな写真です。たまにはいい写真が有ります。たぶん(汗)

もみの木の家ブログ⇒「木」についての事を綴ります。木って知ってるようで知らない事ばかり・・・・・

ビカビの家を建てました!!⇒平成20年に建てた私の家のできるまでの色々なお話です。

今日の家の中は??2⇒「今日の家の中は??」の続きです。(2010.1.13からスタートしています。)

現場ブログ⇒現場の様子を伝えるブログです。

新建設⇒会社のホームページです。

新建設 携帯版ホームページ⇒?新建設の携帯版ホームページです。携帯から、いろんな情報をお届けします。

自己満足ですが・・・・・   ⇒懐かしい動画集です。まあ、遊びのブログです。よろしかったらお付き合いください!!

もみの木の家を建てる現場管理及び設計スタッフを募集しております。
メールかお電話でお問い合わせ下さい。