もみの木ハウス・かごしまは鹿児島県姶良市の、もみの木を使った健康住宅づくり。

もみの木で家を建てる

もみの木の家 家族を元気にする不思議な家

「もみの木」木材を住宅内装材として使う理由

自然素材の不思議な力でゆったり健康に暮らす家

もみの木は杉やひのきに比べると、私たち日本人にはなじみが薄い木です。しかし、西洋ではクリスマスツリーに用いられ、日本でも神社のお札や三宝、結納台など聖なる場でよく用いられてきました。
モミの木は学名をアビエスと言ってラテン語で「永遠の命」という意味です。
近年になって、このもみの木の様々な効能が分かってきました。主な効能は以下の通りです。

「もみの木の家」5つのポイント

室内の空気の状態を良くする

もみの木から半永久的に放出されるフィトンチッドのお陰で、家の中の空気が柔らかく清浄な状態に保たれます。

適度な湿度調節機能がある

もみの木は一般的なナラ無垢材やベニヤなどに比べて、その呼吸により湿度が夏も冬もほぼ一定です。
また、放散されるフィトンチッドの忌避効果により虫が住みにくく外部から浸入するダニやゴキブリそして、カビの発生も抑えます。

消臭効果

もみの木は臭いを分解してくれるので、生活臭やペットの臭い、煙草の臭いも気になりません。

夏は涼しく冬は暖かい

室内の空気が綺麗で、冷暖房が早く効きます。また湿度が適度に保たれるため、体感温度もより快適に感じます。

五感に優しい

光や音の反射が柔らかく、耳障りな音になりませんし、目にも優しいです。また、天然木の弾力で、歩行衝撃が少なく冷たく感じません。床暖房が無くても底冷えしません。

見学会、お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 0995-62-1064 営業時間:月〜土曜日 10:00〜18:00

PAGETOP
Copyright © 株式会社もみの木ハウス・かごしま All Rights Reserved.