今回は、鹿児島市下田町の現場です。
今回もきっかけは「ラジオ」です。
今回は、ハウスメーカーで契約直前まで進んだ状態で耳にしたもみの木ハウス通信だったみたいです。

メーカーへの最終の返事を待ってもらって、モデルの見学に来られたのが最初の出会いです。
来られたのはご主人が一人だけ。

ご主人だけで来られて家を建てた人は今迄に居ませんから、これは難しいかも知れないという事で結論だけ投げて反応を見る事にしますが、心の中では、 「30分コースで帰ってもらおう」 なんて考えていましたからね。でも、なぜかこちらの話に乗って来ています。

普通の家が住む人の事をほとんど考えていない話とか、もみの木の付加価値は相当凄いとかを話します。
その後は2時間コースでした。時を忘れてしゃべるパターンです。
「今度、妻を連れてきます」 すぐに奥さんも見学に来られました。

そして決まります。
「あなたが良ければそれで良いんじゃないの??」 新しいパターンです。

実は後日にその辺りの話を聞いてみたのですが、契約前のハウスメーカーへは「他で建てる事になりました」とちゃんと断りを入れたそうです。
でも、自分の知るハウスメーカーの営業マンはそのくらいでは引き下がらないのが常です。

その時も「どちらで決められるんですか」と聞かれて、 「もみの木ハウスです」 と答えたら、 「分かりました!!」 と、あっさりと引き下がったようです。

太刀打ち不可能って事になったのかもしれません。

土地は持っていらっしゃったので敷地調査を行い、プランを作って行きます。
先行したハウスメーカーの影響でプランが3回ほど変更されました。
敵も本腰で外部設計を使ってのプラン対応だったみたいです。
それでももみの木ハウス独特なプランで決定しました!!

地鎮祭は2月17日でした。
モデル見学が昨年の8月でしたから最初の出会いから半年ですね。
土地が狭かったので工事が難しいと心配でしたが、隣接する土地が使える事になる安心します。

今回の現場でも資材不足が深刻化していました。
地鎮祭が終ったら主要な資材は発注して行きます。
そうしないと完成までに間に合いませんからね!!
恐ろしい時代になりました。
今回も何とか問題なく進めそうです。

上棟式は行う予定で動いていましたが、コロナが急速に広がりキャンセルする事になりました!!
残念ですがしょうがないですね。

今回の家は夫婦とお子さんの3人家族の家です。
2階にご主人の部屋がある家になっています。隠れ部屋です。
オーディオルームになる部屋です。

全体では敷地に合わせた横長プランになっています。
今回は玄関からキッチンへの動線があるプランになります。
買い物から帰ってすぐにパントリーに入れるプランになる。これは便利ですね。

細長プランなので今回は回遊する事は出来ません。
スタディーコーナーがある家になっています。
オテキ収納搭載モデルです!!

外観は、見た目は「平屋」です。
階段を見ない限りは誰も気が付かないでしょう。
外観や外構は東側の道路より見た時のポイントで作り込まれています。
どこから写真を撮るのかを最初で考えてのプランニングを行う事が大きいですね!!

外観はシンプルに納める事で断熱性能は上がります。
そうする事でエアコンはリビングに6帖用のエアコン1台でまかなえる。
熱損失が小さいから出来る事ですね。
電気代も掛りません。

2階は夏用のエアコンが付けてあります。これも6帖用ですね。
計算は冬の外気温が0℃の時に室温を20℃とした場合の計算です。
それでも余裕があるエアコンです。

洗濯物は部屋干しで乾くので、干し場は洗面所かその奥のお着替えクローゼットで干します。
乾いたらそのままお着替えクローゼットに移動。

洗濯動線も短いです。

布団も部屋で布団干しに掛けておくとふかふかになります。気持ちが良いですよ。
電気のコンセントなどもこちらで考えての配置です。
打合せはオーディオ関係の電源とFMアンテナの端子位置を行いました。

LAN配線も各部屋に配っています。
テレビ配線やエアコンのコンセントなど使わないかもしれませんが配線はしてあります。
こちらで想定できる事は考えて対応しています。

打合せをしないと建たない家は不思議だと考えるのがもみの木ハウスです。
初めて家を建てる人に「どうしますか??」なんて聞いても分かるはずがない。
それを答えるからおかしな事になる。

建てる方は「おかしい」って分かっているのに言わない。
不思議な家づくりをやっていると思います。
もみの木ハウス側から見ると周りが「変」ですが、周りからもみの木ハウスを見ると「変」なんです。
だからどこまでもかみ合いません。

どっちが良いのかを考えて、建てる会社を決める事ですね。
普通の人は普通の会社で建てる方が良いでしょう。

今回はブログを読まれてYouTubeを観て、ラジオを聴いていらっしゃったので「お任せ」と言う事になりました。
世間では家は出来たがウォシュレットや照明器具、エアコン、給湯器が無いとかで「引っ越せない」という現象が起きているらしくそんな話を耳にします。

でも、この家も物がそろわなかったという事は無かったです。
「少し遅れます」は有りましたが問題にはなりませんでした。
フォースの強い人は守られているのでしょうね。

この現場は節目で「上川天満宮」にお礼とお願いをしていました。
無事に完成して見学会ができる事への感謝ですね!!

この家は長期優良住宅になっていますし、災害にも強い設計になっています。
また、設備や素材などもランニングコストを抑えたものを採用しています。
もみの木ハウスの家はもみの木の特性を生かした家ですが、他の部分も考えられています。
その辺りを見学会で確認される事をお勧めいたします。
あまり他では見る事のない間取りとか特徴が、いっぱいです。

もみの木を使い、空気を浄化する家になります。
空気の違いを感じてみてください。
もみの木の家は、普通の家ではありません。
それを感じ取れるのは、ごく一部の人のみ。
基本的には、信心深く守護霊の加護の強い人になります。
また、素直な人も。
理由は、もみの木の花言葉です。
「誠実」「正直」「高尚」「永遠」です。
フォースの強い人が引き寄せられます。
大きな特徴は「友達が少ない人」ですね。

家の特徴を簡単に書くと
*いつでも洗濯物が部屋干しで乾く家
*蚊取りマットを使わない家
*ゴキブリをほとんど見ない家
*結露が起きない家
*カビが生えない家
*人が集まる家
*スリッパがいらない家
*芳香剤がいらない家
*加湿器と除湿器がいらない家
とかですかね。

概要

エリア
鹿児島市
家族構成
3人家族 (ご夫婦+お子様1人)
階数
2階建て
間取り
3LDK
延床面積
105.16㎡ (31.81坪)
土地面積
224.19㎡ (67.81坪)
建築時期
2022年8月竣工