12.16

 

住宅の性能を数字で表す事は多い。

断熱性能とか耐震性能とかは数字で見た方が判断しやすかったりします。断熱材なども数字で話をする事が多いです。

でも、実際はどうなのか??

断熱材の性能値=家の性能ではない。

そこには「施工」という現場での工事が発生するからです。施工が悪いと断熱材の性能値が100%発揮できなくなる可能性が高くなります。

耐震性も同じ事。

耐震等級3である家も施工が悪いとその性能は発揮できません。つまり数字だけの世界は怖いって事になる。耐震性は耐力壁が図面通りに施工されているかどうかが問題になる訳です。

補強金物の取り付けが図面通りになっているかどうか??

断熱性能などは数字だけで判断すると危険なもの。数字を鵜呑みにしてしまい、生活が始まったら「寒い」なんて事になりかねません。

施工が悪くて性能を出せていない場合があるから要注意です。

また、家の快適性は内装材の選択でも変わる事を覚えておいた方が良いでしょう。

高性能な家にしても、床がベニヤとかだったらやはり冷たく感じます。これは材料の特性です。無垢材などでしたらそう感じなかったりします。

過乾燥になりやすいのが塗り壁でしょう。

断熱性が高いと室温が高くなり湿度の数字は落ちて行きます。それに輪を掛けるのが塗り壁の吸湿性能です。これは数字では出てきませんので体感しかない。

内装材の性能は数字の世界に無いものです。

もみの木の家は体感する事が大事ですから、あまり数字は出てきません。数字の世界は考える世界です。が、実際は感じ取る世界です。

考えると欲が出ます。すると騙される。

実際の家に行って感じる事が良いのかもしれません。数字はごまかせますし、現場で変わる特性があります。

完成体感会を行います♪

完成体感会のお知らせ

木の実験を行いました!

詳しくはコチラ⇒実験!!

外構が家を決めるって事!!

いい家の庭 若い庭師のブログ

↑楽しい外構工事の事が書いてあります。

May the abies be with you.
(もみと共にあらんことを)

ビカビへの質問メールは、こちらから!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新しいブログを立ち上げました。こちらもご覧下さい。

ビカビの撮ったど~っ!!⇒感じるままにシャッターを切る。そんな写真です。たまにはいい写真が有ります。たぶん(汗)

もみの木の家ブログ⇒「木」についての事を綴ります。木って知ってるようで知らない事ばかり・・・・・

ビカビの家を建てました!!⇒平成20年に建てた私の家のできるまでの色々なお話です。

今日の家の中は??2⇒「今日の家の中は??」の続きです。(2010.1.13からスタートしています。)

現場ブログ⇒現場の様子を伝えるブログです。

新建設⇒会社のホームページです。

新建設 携帯版ホームページ⇒?新建設の携帯版ホームページです。携帯から、いろんな情報をお届けします。

自己満足ですが・・・・・   ⇒懐かしい動画集です。まあ、遊びのブログです。よろしかったらお付き合いください!!

もみの木の家を建てる現場管理及び設計スタッフを募集しております。
メールかお電話でお問い合わせ下さい。

インスタグラムやってます!!

フェイスブックやってます!!