12.7

コストダウンの方法です。

一番簡単なのが面積を小さくする事でしょう。でも、それにも限界があるから、あまりやり過ぎると使いにくい家になる事は間違いないです。

では、それ以外でどうするか??

基本は形をシンプルにする事でしょう。

そうする事で、外壁や屋根の面積が減りますし、形を整えるための材料が要らなくなる。職人さんも仕事がしやすいので手間が掛からない。

基本はシンプルな形でしょう。

部屋の間仕切りも少ない方が安くなります。ドアなどの建具も設計の工夫で少なくする。それでコストを削減する。

基本的な事ですが、平屋より2階建です。しかも総2階にする事が大事です。

ローコスト系の家がメーターモジュールを採用しています。そこでメーターモジュールが安いのかといえばそうでもないです。

メーターモジュールと910ミリモジュールで、同じ家を設計したとしましょう。910モジュールの30坪の家で2,000万円の見積だったとします。

そのままの間取りでメーターモジュールにした場合、面積は37.5坪になります。この時の工事費は単純に2,200万円です。

面積は20%アップしますが、工事費は10%のアップで抑えられる。と言う事は、坪単価に換算すると安く見えるというトリックです。

910モジュールで66.7万/坪ですが、メーターモジュールでは58.7万円になる。

坪単価を前面に押し出す会社はこのトリックを使っているだけです。総額は高いのです。中の空間が広がるだけでパーツは同じ数しかないって事でしょう。

ローコスト住宅はローコストではないって事です。

基本仕様を変更して安くする場合、ランニングコストを考えておく必要があります。結果的に高くつく場合もある。目の前のお金の調整だけに気を使い30年後が見えない人って意外と多いです。

コストも技術者の経験がものを言います。色々な裏技もありますからね!!

完成体感会を行います♪

完成体感会のお知らせ

木の実験を行いました!

詳しくはコチラ⇒実験!!

外構が家を決めるって事!!

いい家の庭 若い庭師のブログ

↑楽しい外構工事の事が書いてあります。

May the abies be with you.
(もみと共にあらんことを)

ビカビへの質問メールは、こちらから!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新しいブログを立ち上げました。こちらもご覧下さい。

ビカビの撮ったど~っ!!⇒感じるままにシャッターを切る。そんな写真です。たまにはいい写真が有ります。たぶん(汗)

もみの木の家ブログ⇒「木」についての事を綴ります。木って知ってるようで知らない事ばかり・・・・・

ビカビの家を建てました!!⇒平成20年に建てた私の家のできるまでの色々なお話です。

今日の家の中は??2⇒「今日の家の中は??」の続きです。(2010.1.13からスタートしています。)

現場ブログ⇒現場の様子を伝えるブログです。

新建設⇒会社のホームページです。

新建設 携帯版ホームページ⇒?新建設の携帯版ホームページです。携帯から、いろんな情報をお届けします。

自己満足ですが・・・・・   ⇒懐かしい動画集です。まあ、遊びのブログです。よろしかったらお付き合いください!!

もみの木の家を建てる現場管理及び設計スタッフを募集しております。
メールかお電話でお問い合わせ下さい。

インスタグラムやってます!!

フェイスブックやってます!!