IMG_7617

「リビング階段は寒いって聞いたんですが??」

なんて質問を受けたりします。知り合いが建てられたりしてリビング階段にした結果が「冬が寒い」って事だったんだろうと思います。

結論から言わせていただければ、

「断熱次第です」

って事です。新省エネ基準以下でリビング階段を設計するとまずい。冬は熱気が2階にどんどん逃げて行きます。暖房が効きません。

逆に夏は涼しいでしょう。階段が煙突みたいな役目をしてくれます。冬が寒すぎるのは考え物ですからやめた方が良い。

リビング階段は次世代省エネ基準以上での設計が良いでしょう。そうすれば冬も問題は有りません。家の冷暖房も全館を考えると良いでしょう。

苦肉の策として「扉を付ける」という手段も有ります。ただし、面倒くさいでしょう。

リビング階段はそもそも高断熱仕様の家の設計手法だったかと思います。断熱性能を高めると、局所での冷暖房ではなくなる。するとローカで接続する意味が無い。

よって階段をリビングにも降ろせるって事です。

それをスタイルだけ真似て起きた悲劇が「リビング階段は寒い事件」でしょうね??

同じような事で「吹き抜け」もでしょう。これも断熱性のが低い家で吹き抜けを作ると、階段以上に寒いです。開口面積が大きいだけに煙突効果も抜群ですね!!

住宅の設計は総合的な事を考えてできています。

そこには設計者の信念もあれば、生活スタイルも入っています。健康をどう考えるかで内装材や断熱材も大きく変わります。

量産メーカーの家はとりあえず「量産」が最優先ですから、生産性やノンクレーム性を重視しています。設計も効率よく行う事になっています。

さて、その効率には契約までの時間の効率まで考えてある。なぜかある住宅の流行などの量産メーカーが作り出している節が有ります。

リビング階段などもそうでしょう。

「子供の動きがキッチンから分かるように」とか「リビングを通って玄関や2階に行くように」とかです。

大きくなった子供には大迷惑な話です。自分が中学生や高校生だった頃を考えればリビング階段の馬鹿馬鹿しさなどが理解できると思います。

量産メーカーは親と話をしますから、リビング階段の良さを親に話して契約まで進もうとするだけの話です。営業マンは断熱の事は知りませんし、奥様との会話は今のことだけで進みますからしょうがない。

リビング階段は何の目的なのかを聞き出し、将来どうなるかを考えて設計しましょう。その時の断熱条件は書いた通りです。そうしないと寒いです。

外構が家を決めるって事!!

いい家の庭 若い庭師のブログ

↑楽しい外構工事の事が書いてあります。

May the abies be with you.
(もみと共にあらんことを)

ビカビへの質問メールは、こちらから!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新しいブログを立ち上げました。こちらもご覧下さい。

ビカビの撮ったど~っ!!⇒感じるままにシャッターを切る。そんな写真です。たまにはいい写真が有ります。たぶん(汗)

もみの木の家ブログ⇒「木」についての事を綴ります。木って知ってるようで知らない事ばかり・・・・・

ビカビの家を建てました!!⇒平成20年に建てた私の家のできるまでの色々なお話です。

今日の家の中は??2⇒「今日の家の中は??」の続きです。(2010.1.13からスタートしています。)

現場ブログ⇒現場の様子を伝えるブログです。

新建設⇒会社のホームページです。

新建設 携帯版ホームページ⇒?新建設の携帯版ホームページです。携帯から、いろんな情報をお届けします。

自己満足ですが・・・・・   ⇒懐かしい動画集です。まあ、遊びのブログです。よろしかったらお付き合いください!!

もみの木の家を建てる現場管理及び設計スタッフを募集しております。
メールかお電話でお問い合わせ下さい。

インスタグラムやってます!!

フェイスブックやってます!!