もみの木の家

「鉄が一番強いから、家は鉄骨が一番だよ。木造は地震ですぐに壊れるからな!!」

たまに出て来るこう言った人。頭から鉄が一番強いって信じて疑わない人です。そんな人は鉄骨で建てればいい話で、わざわざ木造の家を見に来て言う事は無いでしょうに(笑)

鉄が強くて良いのであれば、全ての家が鉄骨になっているはずです。でも、そうでは無い。

鉄骨の家は量産メーカーに多いです。理由は簡単で、

「工場で大量生産できるから!!」

です。それ以外は無いです。

強さはどうか??超高層ビルなどは鉄骨で出来ています。それが一番良い材料だからです。そのイメージで鉄骨が良いと言うのであればそれは間違いでしょう。

同じ鉄骨でも材料の厚みが違います。一般的な鉄骨造のメーカーは軽量鉄骨と言う薄い鉄板で構造は構成されていて、分厚い重量鉄骨とは違うと言う事は認識した方が良いでしょう。

また、阪神淡路の震災の被害が無かったと言う事も、その地域にほとんど実績が無かったと言う事は言っていません。自分は行きましたが量産メーカーの家はほとんど見ませんでした。

鉄には大きな欠点もあります。

一つは熱です。熱伝導率が高いので断熱の穴になります。これは致命的な事で、どうにもならないと考えます。

もう一つは錆びです。これも現場での接合など、どう処理したかで変わります。薄い軽量鉄骨の場合、すぐに錆びて無くなります。

火事にも弱い。熱で強度が無くなります。

薄い鉄板の家はなにも無ければ強いでしょう。錆などの劣化は外見では分かりません。あまり過信してはいけないような気がします。

木造には木造の良さも悪さもあります。その特性を理解して建てると軽量鉄骨には負けないと考えています。

大量生産品の規格品で建てる家を強度が有ると言う理由で建てるのはその人の価値の問題で、自分の考えとは違うので何とも言えません。

色々な工法が有りますが、全ては一長一短があります。絶対的な工法は無い。でも、昔ながらの木造住宅は日本の気候風土に合っているから残っているのだと考えます。

外構が家を決めるって事!!

いい家の庭 若い庭師のブログ

↑楽しい外構工事の事が書いてあります。

May the abies be with you.
(もみと共にあらんことを)

ビカビへの質問メールは、こちらから!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新しいブログを立ち上げました。こちらもご覧下さい。

ビカビの撮ったど~っ!!⇒感じるままにシャッターを切る。そんな写真です。たまにはいい写真が有ります。たぶん(汗)

もみの木の家ブログ⇒「木」についての事を綴ります。木って知ってるようで知らない事ばかり・・・・・

ビカビの家を建てました!!⇒平成20年に建てた私の家のできるまでの色々なお話です。

今日の家の中は??2⇒「今日の家の中は??」の続きです。(2010.1.13からスタートしています。)

現場ブログ⇒現場の様子を伝えるブログです。

新建設⇒会社のホームページです。

新建設 携帯版ホームページ⇒?新建設の携帯版ホームページです。携帯から、いろんな情報をお届けします。

自己満足ですが・・・・・   ⇒懐かしい動画集です。まあ、遊びのブログです。よろしかったらお付き合いください!!

もみの木の家を建てる現場管理及び設計スタッフを募集しております。
メールかお電話でお問い合わせ下さい。