214A8822

悩ましいのは子供部屋です。

子供は18歳で家を出ていく可能性が高い!!

この事を肝に銘じてどうするかを考える必要があります。数年で空き部屋になるって事です(汗)

「子供の事を考えて、子供部屋は広く作りたいです」

そんな要望を鵜呑みにして設計すると後が大変です。

「子供部屋を広くしたのは良いけれど、今では空き部屋よ。他の部屋を広くしておけばよかった」

なんてなりかねません。

お子さんが10歳の時に家を建てると、8年しか使わないって事。しかも個室で使うのは中学生ぐらいからですから使い期間は6年間でしょう。

そう考えるともっと柔軟に子供部屋を考えた方が良い。兄弟二人だったら、個室に間仕切れるようにしておき、その時に間仕切る。

で、子供が出て行ったらまたしても間仕切りを外し、大きなワンルームにする。そうすれば色々な事に使えます。趣味の部屋に使ったり、里帰りをした子供の家族の寝室にしたりとかです。

個室に間仕切ってしまうと、個室でしか使えません。

子供部屋の方角を言われる人もいらっしゃいます。これも色々です。兄弟げんかで、広くて明るい南側が良いって事で取り合いになったりしますが、勉強をするためだったら北側が良いです。

廻りの変化に影響を受けにくいので、集中できます。

また、もみの木の家にするだけで頭寒足熱の効果が出ますので、集中力は上がります。もみの木の家の隠れた効果です。

さて、悩ましい子供部屋ですが、使う期間が短い事を頭に入れる事が大事です。子供はすぐに大きくなります。我が子もそうでしたが、あっという間に成人します(汗)

親子で過ごせる時間はかなり短いので、そういった事も考えて家は建てるべきです。

せっかくの新築の家です。親子でできるだけ長く住めるようにする事が大切です。今、お子さんが何歳なのか??18歳まで何年有るのかを計算して、よく考えてみましょう。

かなり短い時間しかない事が分かります。

その短い時間を、賃貸の劣悪な環境で過ごすのか??それとも高断熱の快適な空間で過ごすのか??これは大きな問題です。

子供部屋云々の前に、そこも考えた方が良いと思います。

何のための誰のための家造りなのか??

そこがボケると大変です。

お住まい見学会を開催致します!

詳しくはコチラから⇒お住まい見学会のお知らせ

外構が家を決めるって事!!

いい家の庭 若い庭師のブログ

↑楽しい外構工事の事が書いてあります。

May the abies be with you.
(もみと共にあらんことを)

ビカビへの質問メールは、こちらから!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新しいブログを立ち上げました。こちらもご覧下さい。

ビカビの撮ったど~っ!!⇒感じるままにシャッターを切る。そんな写真です。たまにはいい写真が有ります。たぶん(汗)

もみの木の家ブログ⇒「木」についての事を綴ります。木って知ってるようで知らない事ばかり・・・・・

ビカビの家を建てました!!⇒平成20年に建てた私の家のできるまでの色々なお話です。

今日の家の中は??2⇒「今日の家の中は??」の続きです。(2010.1.13からスタートしています。)

現場ブログ⇒現場の様子を伝えるブログです。

新建設⇒会社のホームページです。

新建設 携帯版ホームページ⇒?新建設の携帯版ホームページです。携帯から、いろんな情報をお届けします。

自己満足ですが・・・・・   ⇒懐かしい動画集です。まあ、遊びのブログです。よろしかったらお付き合いください!!

もみの木の家を建てる現場管理及び設計スタッフを募集しております。
メールかお電話でお問い合わせ下さい。

インスタグラムやってます!!

フェイスブックやってます!!