階段

階段は高低差が有るフロアを移動するためのものです。

普通は20センチ前後の段差の連続で、プランにより変わりますが15段前後で普通の2階建ては昇降できます。

プランにより色々ですが、ローコスト系は13段とかが多いです。13階段は死刑執行の階段と同じ段数で、忌み嫌う事も有りますので要注意です。

色々な会社の家を見に行って、階段を上ってみると分かりますが、上りやすい階段と上りにくい階段があります。階段は毎日使いますので、上がりやすい方が良いでしょう。

では、どんな階段が上りやすいのか??

勾配がある程度ゆるく、手摺が有り、回り階段で広い踊り場のある階段でしょう。若い人はストレートの階段でも問題はありません。しかし、歳をとるに従い、一番上から下が見渡せることに恐怖を感じるようになります。

ストレート階段はコスト面では良いのかもしれませんが、安全面では疑問です。

回り階段でも何段で回るかが問題で、6段回りが多いですが、これは安全とは言えません。最近は5段回りとか4段廻りとかが多いです。

また、材質にも気を付ける必要があります。

ウレタン塗装でツルツルとすべる階段は危険です。階段の事故ではすべる事でのものが多いような気がします。スリップ防止にはなっていますが、効果があるかは自分で確かめる必要があります。

階段の位置も重要です。

多いのはリビング階段ですが、これは子供が大きくなると危険な階段になります。リビング側に降ろす事で、親は確認できるメリットがあるでしょうが、お年頃になると意外な事でデメリットになります。

普通の家は1階にお風呂が有ります。リビングに来客があれば、その前を通り、お風呂へアクセスする事になります。

女の子の場合、お風呂上がりのスッピン状態を見られる事になる。

あまりない事でしょうが、あった場合は大変です。

階段はそのあたりも考えて、設置する事が大事です。

また、高断熱の家になると空気の流れも考える必要がある。南側の吹き抜けと北側の階段の間で空気を流すと言う考えです。

家中の空気をこの間で大きく流して、冷暖房を効率よく行うって事です。

この場合、音の問題が発生しますので、そこは確認が必要です。

階段だけでも色々な考え方と設計の仕方が有ります。コストや安全性など、総合的な要素を踏まえて設計するのが我々の仕事です。

状況に合わせてベストの答えを出していきます。

お住まい見学会を開催致します!

詳しくはコチラから⇒お住まい見学会のお知らせ

外構が家を決めるって事!!

いい家の庭 若い庭師のブログ

↑楽しい外構工事の事が書いてあります。

May the abies be with you.
(もみと共にあらんことを)

ビカビへの質問メールは、こちらから!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新しいブログを立ち上げました。こちらもご覧下さい。

ビカビの撮ったど~っ!!⇒感じるままにシャッターを切る。そんな写真です。たまにはいい写真が有ります。たぶん(汗)

もみの木の家ブログ⇒「木」についての事を綴ります。木って知ってるようで知らない事ばかり・・・・・

ビカビの家を建てました!!⇒平成20年に建てた私の家のできるまでの色々なお話です。

今日の家の中は??2⇒「今日の家の中は??」の続きです。(2010.1.13からスタートしています。)

現場ブログ⇒現場の様子を伝えるブログです。

新建設⇒会社のホームページです。

新建設 携帯版ホームページ⇒?新建設の携帯版ホームページです。携帯から、いろんな情報をお届けします。

自己満足ですが・・・・・   ⇒懐かしい動画集です。まあ、遊びのブログです。よろしかったらお付き合いください!!

もみの木の家を建てる現場管理及び設計スタッフを募集しております。
メールかお電話でお問い合わせ下さい。

インスタグラムやってます!!

フェイスブックやってます!!