214A8485

「リビングはどれぐらいの広さが必要でしょうか??」

「そうですね。広めが良いですね」

「広めと言いますと??」

「そうですね。20帖ぐらい??」

「20帖は広すぎますよ。良いですか??」

「よく分かりませんが広めでお願いします」

「・・・・・・」

なんて打ち合わせはよくある会話です。大体、お客様に部屋の大きさを聞く事自体がおかしいです。お客様が部屋の広さを理解していたとすると、設計をやっていますよ(笑)

しかも、予算を聞いているはずだから、家全体の広さは資金計画で割り出してあるはずです。小さな部屋の大きさは絶対的な大きさが決まると、関連で決まってきます。

それを聞く事が変な事でしょう。

まあ、こんな打合せを行う会社と家を建てようとしているのであれば、覚悟をした方が良いでしょう。必ず予算をオーバーさせます。間違いない!!

全体の大きさが資金計画で決まるというのは長年の経験で分かる事です。総予算から割り振れば建物本体工事がいくらなのかなんてすぐに分かります。

そこが分かると自社の建ててる家の仕様はほぼ決まっていますから、坪単価が有るはずです。それで割れば大きさはすぐに出ます。

35坪と出たらリビングダイニングで11~13帖というプランも出てきます。そこまで分かったらお客様に聞く必要はないって事です。

逆に同じような前例が有れば、その家を見せる方が断然良いです。

「この家で35坪で本体価格が2300万円ほどです。仕様も同じようになると思います」

これで大丈夫です。お客様は家を見て大きさの確認を行います。ここで

「リビングはもう少し広くしたいのですが」

みたいになれば、価格が上がる事と、どこか削って良い部屋は無いのかを確認すればいい。それでおしまいです。

広いリビングで何をどうしたいのかなんて事も聞いてみたらいいでしょう。大抵は

「人がたくさん来た場合を考えて・・・・」

みたいな事が多いです。すかさず

「年に何回でしょうか??新築祝い用にそこまでしますか??金額が上がるだけの事ですよ??」

みたいに言ってあげると現実に戻ります。新築祝いは家を見学した後、会場を移すのも良いでしょう。家に人はそんなに来ませんからね!!

上棟式を行います!

詳しくはこちらをご覧ください。⇒上棟式のご案内

外構が家を決めるって事!!

いい家の庭 若い庭師のブログ

↑楽しい外構工事の事が書いてあります。

May the abies be with you.
(もみと共にあらんことを)

ビカビへの質問メールは、こちらから!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新しいブログを立ち上げました。こちらもご覧下さい。

ビカビの撮ったど~っ!!⇒感じるままにシャッターを切る。そんな写真です。たまにはいい写真が有ります。たぶん(汗)

もみの木の家ブログ⇒「木」についての事を綴ります。木って知ってるようで知らない事ばかり・・・・・

ビカビの家を建てました!!⇒平成20年に建てた私の家のできるまでの色々なお話です。

今日の家の中は??2⇒「今日の家の中は??」の続きです。(2010.1.13からスタートしています。)

現場ブログ⇒現場の様子を伝えるブログです。

新建設⇒会社のホームページです。

新建設 携帯版ホームページ⇒?新建設の携帯版ホームページです。携帯から、いろんな情報をお届けします。

自己満足ですが・・・・・   ⇒懐かしい動画集です。まあ、遊びのブログです。よろしかったらお付き合いください!!

もみの木の家を建てる現場管理及び設計スタッフを募集しております。
メールかお電話でお問い合わせ下さい。

インスタグラムやってます!!

フェイスブックやってます!!