2.3

 

いくら高性能な家を設計しても、現場がその通りに作らなければ、設計通りの性能は出ない。

現場がいかに大事であるかって事です。

営業マンは口でしか仕事ができませんから、家の性能面やプライスの事を話をします。でも、言ったとおりの現場が施工されて初めて性能が出る。

耐震性能などの建築基準法ギリギリで設計されていた場合など、現場が少しでも間違えたら性能は出ません。

「ちゃんと瑕疵保険の金物検査を受けるから大丈夫!!」

なんて安心する人も居るでしょうが、そこまで厳密な検査ではありません。

あくまで自分たちで確認する事が大事です。

雨仕舞という防水工事などもしっかり理屈が分っていないと施工を間違えます。侵入した水をどうやって外へ出すか??それが防水工事です。

でも、しっかり施工されている現場は少ないような気がします。

断熱工事が一番、施工の良し悪しが出る工事です。設計上に書かれる性能は断熱材の性能です。それを100%出させるには施工がしっかりしているかどうか??

間違えた施工の方がまだまだ多い。

そんな写真を平気でネットに流す。それは誰もその間違えに気が付いていないからです。だから怖い!!見ただけですぐに分るレベルです。

それを誰も気が付かないって事は技術者が分っていないって事です。設計も工事担当もです。建築士の免許があるから大丈夫って事でもない。

調理師免許があるから美味いって事ではないのと同じ事です。

現場にいる職人さんが自分が何をしているのかが分らない様では不味いと思いますが、お金だけを考えているような人だったらどうにもなりませんね!!

施工のレベルは本当に積み重ねで上げて行くしかないです。今日はできなくても明日からできるって事でもない。

今日も分らない人は明日もきっと分りません。毎日問題意識があり、何かを求めている人は毎回技術が上がって行く。

だから、高いレベルの家を建てる会社は、低い性能の家を建てられません。住んでからどうなるかが分っているからです。

最終的にはどの人も体感が大事って事でしょう。間違えた施工が家の性能をどう変えるかを体感すると勉強すると思います。でも、多くはしていません。お金のための仕事だからでしょうね??

完成体感会のお知らせ♪

詳しくはコチラ⇒体感会のご案内

木の実験を行いました!

詳しくはコチラ⇒実験!!

外構が家を決めるって事!!

いい家の庭 若い庭師のブログ

↑楽しい外構工事の事が書いてあります。

May the abies be with you.
(もみと共にあらんことを)

ビカビへの質問メールは、こちらから!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新しいブログを立ち上げました。こちらもご覧下さい。

ビカビの撮ったど~っ!!⇒感じるままにシャッターを切る。そんな写真です。たまにはいい写真が有ります。たぶん(汗)

もみの木の家ブログ⇒「木」についての事を綴ります。木って知ってるようで知らない事ばかり・・・・・

ビカビの家を建てました!!⇒平成20年に建てた私の家のできるまでの色々なお話です。

今日の家の中は??2⇒「今日の家の中は??」の続きです。(2010.1.13からスタートしています。)

現場ブログ⇒現場の様子を伝えるブログです。

新建設⇒会社のホームページです。

新建設 携帯版ホームページ⇒?新建設の携帯版ホームページです。携帯から、いろんな情報をお届けします。

自己満足ですが・・・・・   ⇒懐かしい動画集です。まあ、遊びのブログです。よろしかったらお付き合いください!!

もみの木の家を建てる現場管理及び設計スタッフを募集しております。
メールかお電話でお問い合わせ下さい。

インスタグラムやってます!!

フェイスブックやってます!!